旧式オメガやロレックス修理(リペア・オーバーホール)の事なら1960年〜1970年代の部品が豊富な大阪の岩崎時計店へ

ホーム 会社案内 時計修理 CMVとは? 時計修理試験 ショッピング お買い物について よくある質問

 岩崎時計店 〒545-0011 大阪市阿倍野区昭和町4-5-12 06-6621-5341旧式オメガやロレックス修理(リペア・オーバーホール)の事なら1960年〜1970年代の部品が豊富な大阪の岩崎時計店へ

6  
Jun.  
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
             
7  
Jul.  
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
             

【4月から技術指導のため営業時間が変わります】

 

の日付はお休みをいただいております。

 

土曜日の営業は午前10時から午後4時

 

の日付は訓練校のために
臨時休業いたします。

  • ビンテージ・旧式のオメガやロレックス修理のことなら岩崎時計店へ

  • 旧式オメガやロレックス修理(リペア・オーバーホール)の事なら岩崎時計店へ
  • 当店では「思い出の品物を大切に」を心がけ、お客様の大切な思い出深い時計の修理をさせて頂いております。近年部品がないとか古いなどの理由でメーカーや代理店または他店で断られた時計の修理のご相談がたくさん寄せられます。豊富に蓄積された古い部品や、永年の経験で多くの困難な修理をさせて頂いております。

    岩崎時計店では、オメガの1960年〜1970年代の部品を多く保有しその頃の修理を多く手がけております。またロレックスの修理のご依頼も多くいただき丁寧な修理を心がけております。セイコーやシチズンを含む国産のアンティーク時計、舶来ブランド時計や舶来アンティーク時計の修理依頼も多く、多数保有している部品を活用し修理に生かしています。初めての給料でやっと買った思い出多い時計も部品が無いなどで諦めておられる方は一度ご相談ください。まずはお気軽にお問い合わせください!

  • オメガ・ロレックス・その他舶来ブランド時計の修理について
  • 大切に使用していても、時計は永年使用していると油が切れ悲鳴をあげながら動いている場合が多くみられます。このような動き方をしていると部品の消耗がはじまり、機械に大きなダメージが生じます。そのような状態で修理を依頼しても部品がないと断られる事が多々あります、当店は以前、オメガの輸入代理店と長い間お付き合いがあり、当時(1960年〜1970年代〜)のパーツを豊富に在庫していますので、この時代の修理を多く手がけております。またロレックスなども永年の蓄積で必要部品の確保をしております。これらの舶来輸入代理店やメーカーでは一定年数が経つと修理の受付を断る場合が多くなってきました。お困りの時は是非ご相談ください。CMW(日本時計師会公認高級時計師)・技能検定一級時計師の技術、そして永年の経験と実績をもって、丁寧に修理をさせて頂いております。思い出深い時計を諦めずに一度ご相談ください。

  • オメガ・ロレックス・その他舶来ブランド時計の修理について
  • 懐中時計、掛・置時計の修理
  • 近年、懐中時計の修理依頼のお問い合わせを多くいただきます。大半は祖父や父の形見が多く、なんとか動くようにして保存したいや、先祖の思い出を身につけたいとの依頼です。このような懐中時計の部品も多数保有しております。当然この時代は部品番号などで整理されていませんので、それぞれ合わせていく必要があります。部品の無いものは、別作もしております。またアンティークの掛け時計や置き時計の部品も若干保有していますが、ピッタリ合う物は殆ど有りません。そんな場合は部品の製作をおこない元の機能を取り戻すように修理しております。このような思い出深い時計もお気軽にお問い合わせください。

  • 懐中時計、掛・置時計の修理
  • 部品製作について
  • アンティーク時計、メーカー部品供給打ち切り品などの修理は、部品の製作をしなければならない事が多くあります。アンティーク時計などの修理を引き受けてくれる時計屋さんは、この部品製作の技術があるためで、作業中に何か不具合があっても部品を製作、或いは改良して本来の機能を取り戻せる技術があるためです。当店は部品製作のための時計旋盤を5台保有(部品の製作によって使い分けている)。その他工作機械、中型卓上旋盤、などを駆使して部品製作にあたっています。このような工作機械よりももっと大切なのは、技術者の技能が伴っていることが一番の条件ですので、日頃の研究を怠らず、日々研さんしております。

  • 部品製作について
  • 修理料金について
  • 修理料金を明記してほしいとのご要望を頂くことがありますが、同タイプ、同機種、同ムーブでもその修理内容やくせ、個性が全て違います。したがって一概に料金を明記させて頂と誤解を生じる場合があり、お客様に不愉快な思いが残ることがあります。当店ではその都度見積をさせて頂きご依頼者のご要望をお聞きして、適切な料金をお知らせしております。まずはお問い合わせください。

  • 修理料金について
  • 修理期間、修理後の測定、ケース仕上げ
  • 修理完了後ランニングテストを行います。そのために修理期間は約一ヶ月お預かりしております。部品製作や調整困難な時計はこれ以上お預かりする旨をお知らせしご了解を頂きます。修理完了後ランニングテストや防水試験を行い、防水不良は防水処置をおこないますが、ケースが古くどうしても防水が効かない場合はその旨お伝えし、水や汗にご注意頂くようにお願いしております。またケースを含み外装もなるべく仕上げをし、お預かりしたときより綺麗にしてお渡しするように心がけています。ただし仕上げ出来る材質は限られていますので、バフがけで仕上げ出来ないものは、超音波洗浄で丁寧に洗浄してお渡ししております。形見などの大切な時計は、ご依頼の方のご希望で「傷も思い出なので取らないでほしい」とのご依頼も時々ありますので、そのご要望通り超音波洗浄のみで処理させて頂いております。いろいろなご要望をお問い合わせください。

  • 修理期間、修理後の測定、ケース仕上げ
  • 修理後の保証について
  • 保証期間についてのお問い合わせを頂く事があります。画一的には1年と規定していますが、当方の技術的なミスによる不具合でしたら、1年以上経っていても再修理扱いさせて頂いておりますので安心してご依頼ください。ご不明な点はお問い合わせください。
    ご不明な点はお問い合わせください。

修理Q&A お問い合わせ